« モンクとNIP/TUCK | Main | マザコン国王に喝 »

ダニーの標準語

「Without a Trace」失踪したフライトアテンダントのリンダの消息を追い、バーにておとり捜査をする面々。いきなりちびまる子ちゃん風おかっぱ頭のサマンサに驚きつつもソフィー・マルソーに似ていて素敵でした。もちろんいつものブロンドも素敵なんだけど、個人的にはブルネットの方が似合うように思った。美人はどんな恰好をしても似合うってことなのね。そんなことよりも捜査の最中とっさに標準語で喋りだしたダニーに大ウケ! 何だよぅ、喋れるんじゃん! でも変だぞ!(笑) いつのまにかダニーといえば関西弁という図式が頭の中でできあがってたのだなぁ。
 ところで失踪したリンダ役の女優さんはものすごくどこかで見たことがあるのだけどまったく思い出せない。

「フロスト警部 #13 愛のために犯した罪」今回もまた悲しいラストにやりきれない思いになりました。
 今回ロンドンから転勤してきてフロスト警部と組まされたフランク・ナッシュ。しょっぱなからフロスト警部に「こいつの頭に電極を取り付けねば」などと言われていたけれど、なかなかしっかりした刑事です。しかしこの人の妻キャロルがうざかった! フランクの帰りが遅いと怒りまくってるが一日中ガウン姿で家にいるならカーテンくらい自分で取り付けたらどうなんだ? 引っ越しの荷物もまったく片付いていないし…全部フランクにやらせる気かよ。それでも妻のために退職までするフランク…才能あるのに勿体ない!
 さて前回火事で家を失い留置場暮しを決め込んだフロスト警部だが、「留置場住まいは風紀を乱す」との署長のすすめで(たんに追い出したかっただけ)独身寮に住み始めた。ところが掃除当番はすっぽかす、他の人の食べ物を勝手に盗み食いする、部屋に食料を持ち込んでネズミが現れるで、さっそく周囲に迷惑かけまくり。きっと近いうちにここも追い出されることでしょう(笑)。
 今回のゲストオヤジは「外科医の恋」でロブソンと恋愛バトルを繰り広げたマイケル・キッチン。「外科医の恋」では不倫がばれたと思い込んであたふたする姿が可笑しかったが、今回もまた同じように若い娘と浮気をする金持ちオヤジの役でござんした。

« モンクとNIP/TUCK | Main | マザコン国王に喝 »

Comments

ちびまるこちゃんなサマンサは、声がALIASのシドニーなので、このときばかりはそのまま敵を倒してダッシュで逃げるかも?とすっかりALIASのイメージになってしまいました。このヘアスタイル、シドニーが得意でしたからね?
私には一瞬サマンサも関西弁訛り?みたいに聞こえた部分があったんですが、まさかダニーから移ったのかな?

ちびまるサム、喋り方がすごくまったりしてましたよね(笑)
ALIASは観てなかったのですが、ジェニファー・ガーナーのおかっぱ頭はちらっと見た記憶あります。女性の変装姿というとあのちびまる子ちゃん風おかっぱ頭が定番なのかしら?

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91761/4774598

Listed below are links to weblogs that reference ダニーの標準語:

« モンクとNIP/TUCK | Main | マザコン国王に喝 »

参加してます

コミュニティ

メールはこちら


無料ブログはココログ