« マクベス巡査と泣き言 | Main | ダニーの標準語 »

June 29, 2005

モンクとNIP/TUCK

 スーパーマーケットの倉庫で店員が殺され、事件解決のための潜入捜査で店員となり店で働きはじめるモンク。当然のごとくその几帳面(ほとんど病気だけど)な性格のせいで月間最優秀店員の候補に…。そこでモンクは現在は警備員として働いているかつての相棒に再会。それよりもクリスタルというモデルと付き合うようになったのに周囲の人からは最後まで「付き合ってると思い込んでる哀れな奴」と見られてしまっているディッシャーがおかしかった。いや、見ているこっちもディッシャーの妄想だと思っていたもんで、最後に本当にクリスタルが出てきたのにはビックリでしたよ(笑)。

 NIP/TUCK8話。今回はキィキィうるさいジュリアがあまり出てこなかったので落ち着いて観れました。マリファナ吸って交通事故を起こしたマットは全然懲りてなくて、車ではねたキャラの顔の手術をショーンに頼むくらいなら自首しろよと思うんだけど。このまま黙って生きていくつもりなのか? ショーンのワニの件といい、だんだん犯罪一家と化してきてるようだ…。それでも何かある度にあたふたするショーンの姿はおかしくて大好き。それに対してなんとなく飄々としてるクリスチャンはほとんど眼中になかったんだけど、ショーンに自分の過去を打ち明けて泣き崩れる姿には思わず心動かされてしまった! 最近はもっぱら英国オヤジに傾倒していた私だが、このマイアミオヤジ2人組もかなり注目度増しています。そしたら何ですか、クリスチャンは次期007候補に名が挙げられてるんだそうな。うーん、彼だったらいいかも。しかも彼はオーストラリアの元首相の息子ですか! いやーん、すごいおぼっちゃまだったのですね! 役柄からはまったく想像できません〜。

|

« マクベス巡査と泣き言 | Main | ダニーの標準語 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91761/4762860

Listed below are links to weblogs that reference モンクとNIP/TUCK:

« マクベス巡査と泣き言 | Main | ダニーの標準語 »