無料ブログはココログ

« あと13日 | Main | あと12日 »

May 10, 2005

ERとBrooklyn 2

 同一記事内だとやはり訳わかんなくなるので、カウントダウン画像は下段に別途掲載することにしました。

 というわけで「ER」ロマノの勢いが止まりません。彼の支持者としては嬉しい限りだが、当たり散らされる当事者はたまったもんじゃないだろうね。せめて彼の苦悩を聞いてあげる人がいれば少しは違ってくるんだろうけど、そんな弱い面を他人に見せるような人じゃないもんな〜彼は。なんとかしてやってよ、コーデイ先生(笑)。しかしそんなロマノもニーラには「おまえの話ならいつでも聞いてやる」と、なにげに気に入っている様子。
 ホランダーの自殺はなんとなく予想していたとはいえ、やはりショック。スーザンにもらった子犬を可愛がったりして少しは生きる元気が出てきたかなと思った矢先だったし。医者としても友人としても、他人にしてあげられることには限界があるのかなと。それでも“あの時電話に出ていれば…”というスーザンの悔恨の声が聞こえてくるようで、見ていてつらかったな。
 サムの息子アレックスは何とかならないのか? あんな忙しい職場で子供にウロチョロされたらたまらないでしょ、実際。このへんはさすがドラマ、みんな優しすぎだ(笑)。

 最近はご近所トラブルよりも署内の人間関係がメインになってきた感がある「Brooklyn South #15 遺恨」。こういう職業ドラマって、レギュラー陣の人間関係が話の重点になってくると途端に勢いが落ちることが多いから(ERもそうだ)、個人的にはあまり歓迎できない展開なんだが、ブルックリンはそれでもわりと面白いかも。ジャックと付き合ってるロシア女が怪しいと思ったノナがクレメントに頼んでその女の素性を探らせ、結局ジャックはその女と別れる…と前回はそこまでだったが。これを機にジャックとクレメントは険悪ムード。ジャックは自分の人生に口出しされたと怒るし、クレメントはノナとジャックの関係に疑いを抱くしで、友人として助けになりたいと思っただけのノナにはとんだとばっちりで気の毒。しかも最終的な解決方法が殴り合いとは…とほほ。これだから男は女を超えられないんだよ(笑)。
 一方、初めて見たスーツ姿のフランク。ちょっと、素敵じゃない〜! いつもの制服姿も良いけれど、私はこっちの方が好みだな♪

« あと13日 | Main | あと12日 »

Comments

Ayanoさんのおっしゃる職業ドラマで展開されるレギュラー陣の人間関係のゴタゴタ・・・これで完全面白みがなくなっちゃったのがサード・ウォッチなんですよね。S1は実に見応えあるドラマだったのに。
そしてついに強引に軌道修正して(というかけりをつけてというか)ようやく本国では美しく終わったようですが、ERなんていったいどんな終焉を迎えるのか、すでに考えただけで怖くなっています。
ドラマもあんまり長期化すると、レギュラーはどんどん変わっちゃうし、ストーリーもネタ切れになるし、適当なところで終止符を打った方がいいのではと思います。Brooklynのあっさりした終わり方もちょっと物足りないけど。

がろとさん、同感です。
あんまりダラダラ続けるよりは、盛り上がってるところでキリ良くフィナーレの方が後味スッキリしますよね。
アリーmyラブが大人気の中S5で終わったのも、キャリスタ・フロックハートが同じような考えで契約延長しなかったからだと聞いてます。
ERキャストには彼女のようにプロデューサーに意見できる人がいないのかも…なんて(笑)

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91761/4070042

Listed below are links to weblogs that reference ERとBrooklyn 2:

« あと13日 | Main | あと12日 »

参加してます

Twitterはこちら

コミュニティ

メールはこちら