無料ブログはココログ

« 今日はシャウトしないよ、クリーガン! | Main | たまには韓流も »

April 13, 2005

誘拐保険

 えーっ、そんなのがあるの? アメリカの企業って!
 今週の「FBI 失踪者を追え!」で、こんな保険があると知ってビックリな私です。「検死医マッカラム」で出てきた“迷走神経”の時と同じくらい驚き。まあ、たしかに同じ金持ちでも日本とアメリカじゃ全然レベルが違うから、こういう保険があっても不思議じゃないのかなーなんて思ったりもした。
 ダニーの関西弁はだいぶ慣れてきた(というか諦めがついた)かな…でも彼はキャラ的に私の好みなので、このまま個性派で突っ走るのも良いかな。ただなぜ小山さんにやらせてるのかって疑問はいまだにあるけど…。ビビアンさんのクールっぷりも大好きで、今回は駐車場で事件の再現をしてみる場面で「悲鳴」ってシラッと言うところが笑えた。こういう地道に真面目にやってるキャラって好き♪
 そして今回ふと思ったこと。捜査に協力的じゃないダンカン(誘拐された女性の夫)を「おまえが犯人だ!」みたいに決めつけてガンガン攻めて、結果本人から真実を打ち明けさせる……これって、どこかで見た手法じゃございません? そう、フィッツだよ! あのシーンのマローン、まさにフィッツがのりうつったかのようで、やっぱりちょっと意識して作ってんのかなーって思っちゃった。ただ奥さんと別居してメソメソしてるところは全然違う。かわいそうだけど「オヤジ、職場で泣くなよ」って思わず突っ込み(笑)。

 話は前後してしまうけど。昨夜はうたた寝して「名探偵モンク」を見逃してしまった(泣)。そしてうたた寝のせいで当然夜は寝付けず、でもそろそろ寝なきゃな…と思っているところにミステリチャンネルで「第一容疑者2・後編」の再放送が始まった。すでに観た話とはいえ、ハスコンズ会いたさに結局また観る。それにしてもこのドラマ、何度観ても面白い。スコットランドヤードの研修に使われてるってくらいだもん、その作りの丁寧さがわかるってもんです。でもこのドラマだけじゃなくて、日本と違って全番組の60%が再放送番組という欧米では、繰り返しの視聴に耐えられるレベルにちゃんと作ってあるのよね。中でも第一容疑者は秀逸だなぁ。余談だが、ドラマ初期の舞台サウスハンプトンの刑事さんたちは、なかなかの男前揃いで目の保養だった。
 そして今夜は、潜入捜査で女装するハスコンズが見れるエピだ! 「12日の木曜日」のオヤジも出てくる。あ〜また夜更かしになりそう。

« 今日はシャウトしないよ、クリーガン! | Main | たまには韓流も »

Comments

なるほど、マローンにフィッツが乗り移っていたんですね。他のドラマの影響って大きいです。私にとってはダンカンは「ホミサイド」のベイリス刑事なので、逆の立場もありかなぁって感じでした。最後に愛人を前にしてようやく本領発揮してたかな。

そして泣き虫マローン、ボスがあれでいいのかってこの先不安だけど、お茶目なCSIラスベガス主任のグリッソムとともに親しみやすいボスなのかもしれません。この先どのくらい泣いてくれるかも気になります。

マローンの泣きべそ、いいですよね。
今まではただのぶすくれたオヤジかと思っていたので、あの泣き顔を見てなにげに心動かされちゃいましたよー(笑)。
これから注目していきたいです、この人。

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91761/3691169

Listed below are links to weblogs that reference 誘拐保険:

» 北京:誘拐保険を発売、保険金額は最高で79.75万元 [china-law]
 北京では去年に著名な俳優が誘拐され無事救出されましたがhttp://news. [Read More]

« 今日はシャウトしないよ、クリーガン! | Main | たまには韓流も »

参加してます

Twitterはこちら

コミュニティ

メールはこちら