« 理想的ジョン・ハナー | Main | 今日はシャウトしないよ、クリーガン! »

ジョックに捧げる哀歌

 途中まででほったらかしになってた「マクベス巡査#5 ジョックに捧げる哀歌」をやっと観る。愛犬ジョックをひき逃げした二人組を追って山へ入って行くヘーミッシュ。村の人たち皆が一匹のウェスティ犬の死に暗くなりつつ、「あれが寿命だった」とヘーミッシュを慰めるんだけど、それでもやりきれず犯人に復讐してやりたいと思う彼の気持ちが私には痛いほどよくわかる。
 実はその二人組というのが、かつて子供をひき逃げして遺体を湖(ダムか?)に沈めたという過去を持っていて……ジョックが死んだことでヘーミッシュがその二人を追い、そこから二人の罪が明るみになりひき逃げされた子供の遺体が発見されるわけで、ジョックの死は「お告げ」と言われるんだ。そして最後、発見されたその子供の両親からウェスティの子犬をもらうヘーミッシュ…
 かつて「アリーmyラブ」でビリーが死んだ後、リチャードが「子供の頃、飼っている犬が死んで落ち込んでいた時、両親がかわりに新しい犬を貰ってきた。悲しみを忘れるには新しいメンバーを加えるのが一番」と言っていた。はっきり言って、新しい犬を貰ったところで今まで可愛がっていた犬の死の悲しみを乗り越えられるかといえば、そう簡単にはいかないものだ。それでも、新しく来た子と過ごすことで少しずつ気持ちが癒されていくのもまた事実。ジョック君2号がヘーミッシュとロックドゥ村の皆をきっと元気づけてくれるに違いない。
 しかし山に入っていったヘーミッシュを探しに出た村の男たち…なんでみんなキルト姿なんだ??

 そして、われらが「捜査官クリーガン」もいよいよ大詰め。とうとうここまで来てしまったかぁ〜。ふぅぅ…。

« 理想的ジョン・ハナー | Main | 今日はシャウトしないよ、クリーガン! »

Comments

#8のローズ号を捜す話まで見ました。
ジョックが撥ねられてしまうのはショックでした…。
そしてAyanoさんのところにくれば、ヘーミッシュ捜索隊のオヤジたちがキルトだった理由がわかるかもしれない!とやってまいりましたが、Ayanoさんもお手上げでしたか(笑)。
「冷静になれ」とでも心に訴える意味合いでもあったのでしょうか?
日本人にはどう見たって男スカートなので、急いで駆けつけてるドクターもはしゃいでいるように見えて困りました。

私にはどうしてアレックスがいいのかよくわからないのでヘーミッシュにがっかりです。
でもイザベルがいいかというとそうでもなくて(笑)。
イザベルの「少し鈍感すぎる」というヘーミッシュ評は「へんな字幕だな」と思いつつも大きく頷きました。

「悪魔にされた~」のエピソード、全く予想できなかったオチで笑いました。
何話分もまとめて申し訳ありません…

カクテキさん、こんにちは。
ジョック君は村の人たちみんなに愛されていたんだなぁ〜〜と感じるエピソードでしたよね。
キルトの謎はいまだに解明できていません(笑)

私もアレックスはどうも好きになれないキャラだったので、結局はイザベルよりも美人だから選んだとしか思えないんですけど(苦笑)

悪魔のエピ、一番好きです!
あのオチはもう大爆笑ですよね〜^^

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91761/3662468

Listed below are links to weblogs that reference ジョックに捧げる哀歌:

« 理想的ジョン・ハナー | Main | 今日はシャウトしないよ、クリーガン! »

参加してます

コミュニティ

メールはこちら


無料ブログはココログ