« 愛すべき街ニューヨーク | Main | 妄想の暴走 »

忌中

 もうお分かりかと思いますが…(涙)
 ついに観ました「捜査官クリーガン #7謎の冤罪事件・後編」
 あ〜リバーズ君〜……(号泣)
 前回「結婚するんです」って言ってた時、絶対何かあるに違いないと思ってはいたんだよね。4話のスーザン+殺人犯に肩入れする男(←名前忘れた…)、6話のクリーガン+アニーのように、ラブラブハッピーモードから一気に奈落の底へ…ってのがこのドラマのパターンだし。だからってまさかリバーズ君自身があんな目にあってしまうとは…。しかも狙われてたわけじゃなくて偶然そこに行ったからってのが余計に悲しい。今回なんといっても心動かされたのは、最後のバスルームでのスーザンだなぁ。いつもなら一人で突っ走るクリーガンを説得してなだめることが多い彼女だけど、今回は役目が逆転、怒り心頭の彼女をクリーガンがなだめてましたね。スーザンがいかにリバーズ君を大切に思っていたかが伝わってきました。
 それにしても、いろいろ辛い目に遭っているクリーガンだけど、製作者の陰謀に一番被害を受けてるのはリバーズ君ではないかって思うよ…。4話では命を救ったにもかかわらずスーザンに「なんてことしたのよ、このぶぁか!」とどなられるし、5話ではジャップ警部(じゃなくてケラーだ!)に撃たれるしさぁ。やっと立ち直って元気になったかと思った矢先に……ううっ。
 そんで暗くなってたところに、お笑い入って明るくなれそうな「マクベス巡査 #5」いってみるが、まさに最悪のタイミングでジョック君が車に轢かれるシーンを見る。なんてこった(T T) 愛犬家にはかなりキツいシーンです。でもこっちはコメディーなドラマなのでまだ救いがある。これが「プロビデンス」なんかだったら号泣間違いなしだわ。しかし“ジョック”って、なんて直接的すぎる名前なんだろうと思っていたんだけど、これがウェスティ犬にはよくある名前だと聞いて、やっぱり外国のペットの名前って安易なものが多いよな〜とあらためて感じた。それにくらべてミドルネーム含めた名前が4つもあるうちの犬はやっぱりおかしいんだ、なんて思ったりして(本名はDemitoria Michael Romanovna Valentineです)。そして時間がなくてマクベス巡査は中断、冷蔵庫に入れられてるのがどっちのジョック君かは未だ不明(←本当はこういう見方しちゃいけないんだけど)。「バーナビー警部」を録画後、これまた暗くなりそうな「心理探偵フィッツ」を観て、事件に巻き込まれたジェーンさんに案の定また暗くなる。
 ところが暗い展開の相乗効果のせいか、ひとつひとつの重さはかえって減った気がする。これっていいのか、悪いのか…

« 愛すべき街ニューヨーク | Main | 妄想の暴走 »

Comments

私も「捜査官クリーガン」第7話の後編は、さすがに涙にくれました。。。(T-T)…ゥック。愛すべきリバース君に合掌…。話はそれますが、第5話のケラーを見て「おぅぅ、ジャップ警部が悪役を演じているではないか!」と変なところで喜んで(?)ました。いえ、別にジャップ警部のファンという訳ではないですが…。

それから、Ayanoさんがご紹介下さったロブソンのオフィシャルサイトへさっき行ってまいりました!Video Clipが一杯あるある~ぅ☆根こそぎダウンロードしまくってルンルン気分です♪ジョナサン・クロス・ショーでの「カメラ目線でお目目パチパチ」がサイコー!それから「歌うヒル先生」も「あ~ん、もぅ~…♪」でございますっ!それからチョコレートのCMのロブソンもメチャ可愛かった♪縦長のドでかいプレゼント箱を開けると中に入っていたロブソンがひょっこり顔を出して…。あ~ん、もぅ~!私も欲しい…このプレゼント…。他にもやや(かなり?!)過激めなロブソンのお色気シーン他等などをドラマから集めてロブソン特集っぽいTVショーのVideo Clipなんかもあり、、、お色気シーンのロブソンに私は一瞬、意識を失いかけました…うんぎゃー!!!……ハッ!失礼しました(^^ゞ…。私もすっかり病気になってしもーた♪(←病気になって喜んでます、ハイ。)

チョコレートのCM、見ました!
かわいすぎます!
でもあの女の人、チョコレートの方がよさそう…おまけに返品するとか言ってましたね。だったら私にくれー!と叫びたいです(笑)

Thorntonって聞いたことあるような、ないようなメーカーで、高島屋の今年のバレンタインコーナーに入ってたかしら…?と必死で記憶を掘り起こしてます。
そのへんに詳しい友達にも聞いてみますね。
ごひいきのチョコレートになってしまうかも!
そして私の頭の中には“チョコレートをほおばるヒル先生”なんて姿が…(←これもロブソン病の症状です)

チョコレートの件です。
友達に聞いてみたけど、残念ながら知らないとのことでした。
でもメーカーのHPを発見しました。日本からもオーダーできるようです。チョコレートはもちろん、かわいいギフトアイテムもたくさんあって見ているだけで楽しくなります。
注・ギフトアイテムにロブソンはありません(笑)!
興味があったら覗いてみてはいかがでしょう♪
http://www.thorntons.co.uk/
ちなみにCMに出てきたチョコレートボックスは800g Continental(£20.00)と思われます。

「結婚するんです」というあたりから、イヤな予感しまくりでしたが…もぅ、涙・涙でした。
トランクを見つめるクリーガンの目の表情、スローを多用しつつも、おさえたトーンと演出…もう、言葉では言い表せません…。
ちょっと落ち着いて見直すと、クリーガンのプロファイリング、的確でしたよね、あぁ、ヒル先生の片鱗がここでもぅ、現れてる?(笑)

あの、トランク開けるシーンは何ともいえないものがありましたね。私も、どう言ったらいいかわからなくて書けなかったんです…(涙)
警察署で「犯人はそんなタイプの人間じゃない!」とか言うクリーガン、私もヒル先生を思い出しちゃいましたー♪ てゆーか、こういう見方でもしないとやりきれないエピなんですもの…。
「泣こうか?」にはやられちゃいました……ぅぉお!

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91761/3621647

Listed below are links to weblogs that reference 忌中:

« 愛すべき街ニューヨーク | Main | 妄想の暴走 »

参加してます

コミュニティ

メールはこちら


無料ブログはココログ