« Life goes on | Main | ラブリーなオヤジ達 »

ERとマクベス

 近頃すっかり観るのがきつくなってきた「ER」。でもロマノがいる間は彼を応援してあげると決めてるので、なんとか頑張って観てみる。
 ルカとカーターが不在でいつにもまして忙しいER、その中でまともに動けるのはプラットだけ。こんな時に運ばれたら殺されそうで怖いよな。実際、忙しすぎて症状の軽い人を後回しにしてたら死んじゃった…ってことが今までに何度もあったし。でも、プラット、かっこいい(惚) ガラント君もすっかり落ち着いてきた(というか馴染んできた)感じでなかなか良い。新入りの医学生ニーラもかわいい。それにくらべてスーザンはすっかり出番少なくなっちゃったし、チェンはどんどん性格ウザくなってくるしで、近頃のドクターは古参組より新しいメンバーの方がなんとなくいい感じ。ロマノとルカは別だけど(個人的趣味で・笑)。しかし時代の流れか、それとも世界中で放映されてることを意識してか、ERの顔ぶれがすっかり国際的になったのは歓迎すべきこと。
 関係ないが、エレベーターで鉢合わせたアビーに新しい恋人の話を恥ずかしそうにするコーデイ先生、すっごいかわいかったなぁ♪

 ERの裏で録画しといた「マクベス巡査#7 悪魔になったマクベス」
 前回ようやくイザベルの愛に気付いたヘーミッシュ(遅すぎだよ、鈍感!)。でもラストで昔の恋人アレックスと再会して…その後どうなったのかが気になる今回のエピ。
 それはさておき今回のタイトル、正確には“悪魔にされた”だと思うが……うわぁ! リバーズ君を撃ったジャップ警部(じゃなくてケラーだってば!)発見! 集団生活をしてる宗教団体の代表者マクビーン役です。しかも、おっそろしくヒョーキンな演技を見せてくれてます。どっぷり暗いケラーを見た者としては、もう、どうしちゃったのこの人!?って感じ。ジョック君を“悪魔の犬”呼ばわりして「神よ、あの犬にノミの苦難を与えたまえ!」とか叫んでるし(笑)! ものすごい変人っぷり。ところがこれは、自分を変人に見せることで、村の牧師と不倫してる奥さんに離婚のきっかけを作ってあげてたという…それも奥さんに新しい愛に生きてもらいたいという思いやりからやったこと。そして自分も新しい愛に生きたくて、その相手が違う宗教団体の代表者(オヤジ)だってんだからすごい。最後は4人で別荘に行こうとか言い出して、すべてまるくおさまるという……ホント想像もつかなかったオチ、それに悪魔を信じてあれこれ悪魔除けを試す村人達の姿もおかしすぎて、今回のエピ、最高〜!
 さて前回微妙な終わり方をした恋愛模様だが、まあ案の定、ヘーミッシュはアレックスとちゃっかり暮らしてます。もちろんイザベルに対して後ろめたさのようなものを感じてはいるけれど…いくらなんでも、鈍感を通り越して、無神経? それでも彼を責めず「あなたはアレックスを選んだ。それだけのことよ」と言うイザベル、ヘーミッシュよりずっと大人。都会に逃げたアレックスなんかより彼女の方がよっぽど素敵!って思うけど、やっぱり華やかな美人がいいのかね。でもイザベルがケガした時ものすごい怒ったり、最後アレックスに「イザベルを愛してないって言えばそれで良かったのに」と言われても何も言い返せないあたり、やっぱ心の奥ではイザベルを想ってるんだろうな…って気も。そりゃそうだよね、前回“本当の人間性が出る”といわれた山の上で、自分の命をかえりみず必死で助けようとしてくれたんだもん。しかも彼のためにスクープになる出来事を記事にしなかったんだから。ヘーミッシュ、今はアレックスの気まぐれに騙されてるだけよね(笑)。この恋、どうなっていくのか気になるところです。
 最近とくに楽しみになってきたマクベス巡査。クリーガンが終わって、これからはマクベスが私のメインドラマになりそう。このロバート・カーライル、他の作品と違ってかわいいし。

« Life goes on | Main | ラブリーなオヤジ達 »

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91761/3785536

Listed below are links to weblogs that reference ERとマクベス:

« Life goes on | Main | ラブリーなオヤジ達 »

参加してます

コミュニティ

メールはこちら


無料ブログはココログ