« ERとDixie Chicksの関係 | Main | 愛すべき街ニューヨーク »

Cheer up, Sleepy Jean !

 昨日届きましたRobson & Jerome! “歌手ロブソン・グリーン”と初対面です! 中古品だけどすごくきれいで、しかも注文してすぐ届いたのでかなりゴキゲン♪ 今も聴きながら(そして笑いながら)書いてます。
 これ、ロブソンがドラマ「Soldier Soldier」で共演したジェローム・フリンとのデュオ。中にはロブソンがほっぺをプクッとふくらませてる写真とかあって、もちろんそれを見た私はパーティーでお菓子をほおばってるヒル先生を思い出しちゃって、かわい〜!と爆笑☆ 聴く前からもうぶっ壊れてます(笑)。
 さて聴いてみたら、やっぱり笑っちゃう。なぜって、今までクリーガンとヒル先生のある意味“作られた”イメージしかなかったから、これが素のロブソンなんだって思うだけで嬉しくって。それと「おっさん二人でなに歌ってんだよ」って突っ込みたい気持ちもアリ(つってもこの時ロブソンまだ30才)。
 でも問題が。情けないことに、どっちがロブソンの声なのかわからない!! いわれてみればどっちもロブソンの声に聞こえなくもなくて…少なくともジェローム・フリンの声を聞いたことがあれば判別できるんだろうけど。
 で、ヒル先生の声ってどんなだったかなーと思い出してみるけど、あんまり意味なかったりして……なんせ10年経ってるし、それに話す声と歌う声って必ずしも同じじゃない。こうなると「Wire in the Blood #5」ラストの教会のシーンでなんで歌わせなかったんだよー!とサンドラ・ジョブリングに訴えたくなる。でもロブソンってたしかあんまり美声って感じじゃなかったから、きっとロビー・ウィリアムズをオカマにしたみたいな変な声の方がロブソンなんだろうな(←相変わらずヒドイたとえ)。ちなみにもう一方はわりと普通のいい声。
 しかしやっぱり判別できないのは悲しいので、情報を求めてロブソンのウェブサイトへ。そして見付けました、歌うロブソン・グリーン! 2002年にTV出演した時のもので、イギリスではちょうど「Wire…」シーズン1の真っ最中ってことで、まさに歌って踊るトニー・ヒル先生! もう涙流して大爆笑です。かわいすぎます。で、肝心の歌声だけど、やっぱり私の予想通りでした。それを決定付けたのが、ロブソンがトーク番組に出演した時のビデオクリップ。ここでもやっぱり美しい瞳が話題になって、カメラに向かって目をぱちぱちするとこがとってもオチャメ〜☆ この中で“Robson & Jerome”で出演した昔の自分の映像を見て爆笑するシーン(しかも恥ずかしそうに椅子に突っ伏してるロブソン、かわいいです)があって、その歌の映像でロブソンの歌声を確認。ああ、やっぱり…
 いろいろ言ってるけど、本当はかわいい声なんですよ、ちょっと子供っぽくて。それこそロビー・ウィリアムズの曲を歌ったらかなりいい感じだと思うんだよね。“Angels”とか“Lazy Days”とか歌ってほしいなぁ♪ 昔のBROSなんかも良さそう(←いったい今どれだけの人が知ってるんだろう)。それにしてもロブソン、ちょっとわざとらしいくらい美しいロンドンアクセント。「リーバス警部」で出てきたニューカッスルの人ってもっと特徴的なアクセントだったけど。北東部訛りは捨ててしまったのかしら?
 さてアルバムの内容にまったく触れていないので、ここでちょっと書かなきゃね。Robson & Jeromeって、ドラマからのスピン・オフってこともあってか、当時('95年)イギリスでは売れに売れまくったらしいのね。UKの曲はけっこう聴いたけど、その頃すでにUSに移行していた私はBSでの「クリーガン」同様やっぱりロブソンとニアミスしてたわけだ(笑)。しかしイギリスでチャートのトップを突っ走っていたというわりにアメリカのチャートではロブソンのロの字も見たことなかったんだけど、まあこの曲じゃ仕方ないか〜。ってのも、'95年頃といえばアメリカでは男性R&Bグループが大流行で、ヨーロッパ出身っていうとAce of BaseとかENIGMAみたいな個性的な音楽しかチャートに出てこなかったもんなぁ。
 そのRobson & Jeromeだけど、全体的にはオールディーズのスタンダードナンバーをちょっとゴスペルちっくにアレンジしたものとか、あとはいかにも当時のUKポップス的な曲で、かなりいい感じです。よく見たらクレジットにあのStock/Aitken(Watermanはどこ行った?)の名が。UKポップス好きの方にはお馴染みの名前ですね。カイリー・ミノーグやリック・アストリー、サマンサ・フォックスなど、当時の人気アーティストを数多く手掛けた売れっ子プロデューサー。なるほど、彼らの手にかかった曲なら売れて当然だわね〜と納得。ロブソンの声は子供っぽいと言ったけど、彼がここで披露してる"Amazing Grace"はかなりの聴きモノ。イギリス人が歌うのってどうかなぁ?って最初思ったけれど、素晴らしいです♪ しかし何といってもオチャメなロブソン全開で超イケてるのは"Daydream Believer"でしょう! これ、ほんとに最高!! もう絶対聴いて!って感じです。「クリーガン」で暗くなった後に聴くといいかもしれない(←ようするに“謎の冤罪事件・後編”まだ観てないってこと。怖くて)。気が付くと「Cheer up Sleepy Jean〜」とか口ずさんでる自分がいて、ロブソン病がさらに進行しつつあることをいやでも自覚させられれてしまうのだった(笑)
 総じてこのアルバム、ロブソンファンじゃなくても十分いけます。ああ、他のアルバムも買わなくっちゃ!

 追記。右欄にロブソンのウェブサイトへのリンク作りました。“歌って踊るトニー・ヒル先生”に興味のある人は訪れてみてね♪(爆笑注意!)
 追記2。右欄“Music Store”から1クリックでRobson & JeromeのCDが購入できます♪

« ERとDixie Chicksの関係 | Main | 愛すべき街ニューヨーク »

Comments

BROS、覚えてます。双子兄弟のデュオ。Stock/Aitken&Watermanも覚えてます。
という事は必然的にRick Astleyなんかも知っていて、UK-POPSとUS-ROCKS&POPSの間を行ったり来たりで
洋楽にすっぽり埋没していた青春時代を送っていましたが、90年代半ばは音楽から離れていた時期でした…。
なのでRobson & Jerome、ぜっんぜん知らなかったー(泣)!そんなこんなで先日「Wire in the blood」
DVD-BOXの購入の際に私もロブソンのCDを発見。それもソロCD(タイトル「moment in time」)。
デュオCDだと、どっちの声がロブソンか判らないかもしれないと思い「んじゃ先にソロCDにしてみっか」と
いう事で追加注文しました。DVD-BOXは届いたけど、CDはまだなのでAyanoさんのShout!な
コメント読みながら「ロブソン禁断症状」でプルプルしてます(←結構病気入ってきました…)。
「クリーガン」の吹き替えが迫力満点の雰囲気なのに対し、ヒル先生扮するロブソンの素の声を
初めて聞いた時にはやや拍子抜けしつつ、柔らかいトーンの声と話し方に「あぅ!…」と、
美しい瞳の次に卒倒寸前。この声で歌うとなると、どーなるんだろうか?とやや不安感じましたが、
勢い(+message boardでのAyanoさんのコメントが後押し)でCD注文。
届くのが待ち遠し過ぎる♪

ロブソンのwebも後日行ってみます!

ところで「クリーガン」の「謎の冤罪事件・後編」観ました。
ヒル先生の録画かDVD(Ayanoさんなら+Robson & JeromeのCD)にしがみ付きたくなるほど
私はドヨーンと落ち込みました…なんでこうなるの?!(T-T)。
チャット、出来れば参加したいです!ここのTOPへくればチャット会場の入り口があるのでしょうか?

上のコメント、改行を入れたら読みにくくなってしまいました、すみませんm(__)m。

BROSを憶えてる方がいらっしゃるなんて、感激♪
私かなり好きで来日公演も見に行ったんですけど…今はどこに行っちゃったんですかねぇ?

CDを注文されたのですね。さすがです♪
「Moment in Time」はまさに「Wire in the Blood」S1放映時にリリースされたんですよね♪
私が見た“歌うヒル先生”のクリップでも、このアルバム中の曲“Everlasting Love”を披露してくれてましたよ☆ これまたStock/Aitken/Waterman的な曲で、やっぱり彼らが手掛けたのかなって思いました! CDがお手元に届いたら、ぜひご感想お聞かせ下さいませ♪

もうご覧になったかもしれませんが、例のビデオクリップへの道案内を書いておきますね。RGトップページの一番下にあるサイトマップから入っていくと分かりやすいです。

Top→site map→Entertain→Music→Robson Green
16 November 2002 "BBC children in need appeal"
"Download Clip"をクリックすると、PCに“歌うヒル先生”がダウンロードされます。
26 October 2002 "Friday night with Jonathan Ross"(おメメぱちぱちロブソン)
"video clips"からダウンロードページへ行きます。クリップはintro~#6まであり、これらもPCにダウンロードされます。
DLしてしまえば、あとはいつでも好きな時にロブソンに会えますよ〜♪ そして病気が進行すること間違いなしです。

すいません、カンジンなこと忘れてました!
チャットですが、時間頃になるとHPのトップページに入口が現れます。
ご都合がよろしかったらぜひいらしてくださいね♪
m(_ _)m

きゃぁ、ロブソン名曲の数々を歌ってるんですね。
元歌を完璧に歌えるだけに(笑)一緒にカラオケごっこしたくなりました。恐ろしや・・・

宝くじで3億円手にしたら、ロブソンを招いてカラオケ大会をやりましょう(笑)
きっと私は横で気を失っているに違いない…

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91761/3592603

Listed below are links to weblogs that reference Cheer up, Sleepy Jean !:

» nature boy & girl [Leef Petre]
Cheer up, Sleepy Jean ! [Read More]

» best mp3 site [Markus Carlsson]
Cheer up, Sleepy Jean ! [Read More]

» TRETINOIN-GEL [Enily Drury]
Cheer up, Sleepy Jean ! [Read More]

« ERとDixie Chicksの関係 | Main | 愛すべき街ニューヨーク »

参加してます

コミュニティ

メールはこちら


無料ブログはココログ