« また会う日まで… トニー・ヒル先生に贈る言葉 | Main | Without a Trace »

神経衰弱な人々

 やや遅くなりましたが今週の「捜査官クリーガン」語りたいと思います。
 前回家族と別れたクリーガン、すっかり神経衰弱って自宅療養中。でも本人はその自覚がないようで、仕事したいあまり医者の予約もすっぽかす始末。はやく復帰したいならきちんと診療受けなきゃ駄目じゃん……と冷静にスーザンと同じことを思ってしまった。クリーガンの部屋を訪れたスーザンが「前にこういう部屋を見たのはピストル自殺の現場だった」と言ってたけど、そんな恐ろしいこと言うのはやめて〜! だってクリーガンってたしか前に死のうと思って銃を頭に当てたことがあるとか言ってなかった? もっともあの時は「それでも引き金を引けなかった。本当は死にたくなかったからだ」と言ってたけどさぁ。またやるんじゃないかって心配でたまらない。お風呂の水の中に潜ったりしてるし(←てゆーか、なんで顔しか映さないんだよ!笑)。捜査もガンガン行くけど、落ち込む時も一気に行っちゃうのね、この人は。そんなところが好きでたまんないんだけど♪ かわゆいヒル先生と対照的に、クリーガンは不幸になればなるほど惹かれてしまう……(←病気)
 だからといってこれ以上不幸になるのはやっぱり見ていてつらいので、ここはやはりヒル先生の癒しが必要になってくるんだけどー。ヒル先生を必要としていたのは本当は私じゃなくて、私の中にいるクリーガンだったのかも…って思う。ううっ、いつもなら今頃「ヒル先生かわい〜☆」とかって騒いでるのに…(涙)
 落ち込んでもしょーがないので、いいニュースにも目を向けて。リバーズ君、結婚するのね〜。オメデトウ♪(ただこれも、いつもの展開でいくと何かありそうな気が…)

 さて、もうひとりの神経症がいらっしゃいますね。
 モンクです。
 あ〜、ほんとはクリーガンと同じ記事内には書きたくないんだよなぁ、これ(笑)。でも、同じ神経衰弱ちっくってことで一緒にしてみました。つってもモンクはほとんど病気だけど。
 アメリカのドラマは久しぶり。相変わらず冴えてるシャローナの鋭い切り返しに笑いが止まりませんでした! それにストットルマイヤー警部…一晩中部屋を掃除していたモンクを「寝ながら掃除する奴だ。この目で見た」って、きっとS1で奥さんに追い出されてモンクの家に泊まった時に見たんだろ〜なって想像できて笑えた。まったく面白すぎる4人組だ! 「クリーガン」で暗くなっても「モンク」で少しは元気が出そうなので(癒しは無理だけど)ちょっと安心。
 今回の感想。クリーガンもモンクもヒル先生に診てもらえばいいのに。
 でもクリーガンはさておき、モンクとヒル先生は変人同士で泥沼化しそうだ(笑)。

 おまけのER。はっきり言って、見ていてつらい。「クリーガン」とは違う意味でつらい。てゆーか正直ウザイ。カーター&アビーのカップリング自体うざいのだが、チェンもなにげにウザイ(もともと好きなキャラじゃなかった)。杖でガンガン物を叩くウィーバーと、ロマノの口の悪さだけが唯一の救いかなぁ。ああ〜ロマノ〜〜(泣)

« また会う日まで… トニー・ヒル先生に贈る言葉 | Main | Without a Trace »

Comments

前回のヒル先生のコメントの中で勢い込んで、意気消沈気味…なんて大袈裟な表現してしまい、Ayanoさん、すみませんでしたm(__)m。「捜査官クリーガン」観ましたが、この回のクリーガンが妙に大人しめな感じが逆に心配を誘いますね。前回のホーキンズの時といい、今回のメイチェン(だっけ?誤認逮捕された人)の時といい、クリーガンって「そんなに辛いなら俺を殴れよ!」とわざわざ殴られに行く性格が既に自虐的というか、痛々しいというか、そこまで自分を追い込まなくても…と果てしなく心配になります。家族との絆が切れた事がどうしようもなくシンドイんだろうけれど…クリーガンが傷ついていく様を見続けるのが恐すぎて逃げていく(名目上は捜査に巻き込まれない為の別離だけれど)元妻の気持ちも判らない訳でもないと思いつつ、一方から見れば「新しい男とさっさと逃げてく冷たい元妻に未練もってどーする?!」とクリーガンにハッパ掛けたくなるんですが…子供達がいない寂しさは別として。「私が妻なら逃げないわよ!」とふと、息巻いてしまいます。という訳で、私はどっちかというとヒル教授よりもクリーガンの方が「放って置けない度」が高いかも?!。
ところで「プリンスは大学生」は日本ではいつ頃放送されたのでしょうか?恋愛物(?)のようですが、クリーガンがアニーにkissする場面で「ロブソン…sweetだわ、ギャーァ!…」と卒倒しかけた私としては気になるドラマです♪……長年、とあるハリウッドスターに一筋だったのに、ロブソンで二筋になってしもーた…。

私も昔から海外ドラマ大好き人間で色々観てました。「モンク」は未見ですが、「ER」も大好きです!カーター先生は好きだけどアビーがイマイチ…。ではお邪魔しました☆

こんにちは。
「プリンス」私は再放送を録画したんですが、1年半くらい前?前の番組の放映時間がずれて、見事に録画を失敗した嫌な記憶が残っています。

クリーガンは好きだけどモンクが苦手な私はモンクにはコメントできないんですが、みなさんのアビーならぬウザビー(と私たちは呼んでます)批判はいかにも!ERⅩでウザさにさらに磨きがかかったなと感心しちゃいました。私もロマノ先生の活躍のみが楽しみなんですが、ネタバレ予告編観ちゃったし、この先どうしたらいいのやら…

私もERネタばれ予告編観ましたが、もっと前にアメリカのネタばれメールを見てしまい沈んでました(泣) いつかはエリザベスと…というありえない展開を勝手に夢見ていたのですが。
アビーはルカと付き合ってた頃はまだよかったけど、家族問題&カーターと付き合うようになったあたりから私の中でウザビーになりましたね。
「私のそばにいて!」って……やっぱりウザさ倍増です(笑)

ルーシーさま。ケリーの場合は、子供を守るためには仕方なかったのかな?って気もしますが、私だったら逃げずに子供もクリーガンも絶対守ってみせるぞ!とルーシーさんと同じく息巻いてます。ふふ♪

この前・後編のクリーガンって瞳がいつも潤んでるんですよね…(遠い目…。)

「プリンス‥」の放送はBSでは2001頃、BBC JAPANでは去年位、というのを、いろんなとこを見て回ってる時に読んだ記憶があります。(「プリンス」「トラスト」「カジュアルティー」…BSでやってくれるならワタクシ2倍払います、NHKさん‥本当に観たいです!)

ER、ワタクシはロス先生の退場とともに、遠のいてしまったのですが、カーターとスーザンは健在なのですよね…。

ルーシーさん、ワタクシも一筋からロブソンで二筋になってしまいました(笑)

浮気者の私は三十筋ぐらいですが(笑)なかでもロブソンは現在1位タイです♪
今回のクリーガンは瞳のアップ多すぎで、まともにストーリー見れません(←ほとんど毎回そうなんだけど…)
「TRUST」見たいですねぇ。クリーガンよりずっと健全そうだし、ほんとBSでやってほしいです。先日、偶然「Close & True」のビデオジャケットを見かけましたが、メガネのロブソンもステキ〜! クリーガンやヒル先生とまた違ってかわいい感じでした。(でもネクタイはやっぱりブルーなのね♪)

「ER」のスーザンは、グリーン先生と相思相愛してた頃の方がよかったなぁ〜。
ロス先生、本当は退場せずに俳優さんを変えて引き続き登場の予定だったってご存知でしたか〜? しかもそれが「騎馬警官」フレイザー役のポール・グロス! でも彼がロス役のオファーを断ったので、やむなくロス先生は退場することに……ってらしいです。
でもポールがロス先生って……なんか違うよなぁ。吹き替えが同じ小山さんってのが不思議な縁だけど(笑)

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91761/3500003

Listed below are links to weblogs that reference 神経衰弱な人々:

« また会う日まで… トニー・ヒル先生に贈る言葉 | Main | Without a Trace »

参加してます

コミュニティ

メールはこちら


無料ブログはココログ