無料ブログはココログ

« トニー・myラブ | Main | 春からのBSドラマ »

March 22, 2005

ひとりぼっちのクリーガン

 ふぅーーーー
 しょっぱなからためいき。この意味は「子供達が無事でよかった〜」と「リバーズ君が落ち着いてくれてよかった〜」だ。
 でもスーザンが連れて来たミーシャの行く末を思うと、やっぱり違う意味でふぅーーーだ。
 先週の「I wanna be Annie」症候群は、今回はさほど出なかったな。たぶん「ヒル先生かわいい!」症候群がまだ治まっていないせいだと思うけど(笑)。それでも、クリーガンに駆け寄って抱きつく彼の子供達までうらやましいと思ってしまう私はやっぱり相当重症だぁ。
 でも、その子供達と別れることになるクリーガン、かわいそう……。おまけにアニーまであんなことになって、今度は本当にひとりぼっち。
 あーもう、どうしてこーゆう展開になるかなー。
 ますます好きになっちゃうっての!
 まあ、アニーとはこのままうまくいくはずがない(物語の展開的に言って何かある)と思ってはいたけどさ。まさかホーキンズに撃たれるとはね。執念深いジジイだ。
 クリーガンがアニーに惹かれたのって、きっと自分の子供と一緒に暮らせない辛さが理解できたからなんだよね。ようするに「同病相哀れむ」的結びつき(←こーゆう言い方するとロマンもへったくれもないけど)。でもクリーガンとどうこうってのはさておき、アニーには幸せになってほしかった。
 それよりも! ホーキンズを拳銃片手に追うクリーガンに、私はジェームズ・ボンドの姿をみた!
 次期ボンドは絶対ロブソンがやるべきだとあらためて確信した!
 なんだか「ハリー・ポッター」シリーズの次回作のキャスティングの中にロブソンの名が候補としてあがってるらしいんだけど、なんで「007」の候補にならないの?? そりゃ「ハリー・ポッター」でも何でも、映画に出て日本でも有名になってくれればそれにこしたことないんだけどさー……
 でもボンド役って、たしか身長6フィート(約183cm)以上が条件だったかもしんない。となるとロブソンはちょい低いんだけど、それなら他のキャストも小柄な人で固めればいいわけでー……ホリー・ハンターとかナタリー・ポートマンとか、150センチ台の女優さんも結構いるんだからさ。(ああ〜ホリー・ハンターとの共演は見てみたいかも!)
 身体を大きく見せるために小道具を小さめに作る、なんてことは昔からやってるし。
 少なくとも、典型的アメリカ男のドン・ジョンソンがやるとか言い出すよりはいいと思うぞ。
 とまあ、一人で勝手に突っ走って考えてみた。

 ロブソンとは話が変わるが、「次期○○役」ってことで思い出した。ジョシュ・ハートネットがやるんじゃないかって言われてる次期スーパーマン役。これってニコラス・ケイジがやることで決まってたのに、スーパーマンの衣装を着た彼を見て監督のティム・バートンが大爆笑! これで監督との仲が険悪になり、製作はストップしたままなんだとか。そりゃそうだ、私だって想像しただけで笑っちゃったもん。ニコラス・ケイジは好きだけど、彼はやっぱりコメディーが似合う。
 ああ、コメディーなロブソンも見てみたいなぁ(←結局はロブソンの話に行き着く・笑)
 現在BBC-Japanで放映されてる「Trust」は、ちょっとコメディータッチのドラマらしい。あ〜頼むからスカパーでも放映してくれよー。

« トニー・myラブ | Main | 春からのBSドラマ »

Comments

Ayanoさん、ワタシもあのシーンのクリーガンにボンドをみました(←興奮気味。)
クリーガンのスーツのスタイルには60sやモッズのテイストがあり「さすがuk人、すてき~☆」といつも思ってたのですが、銃を持って走る姿は若きS・コネリーを彷彿とさせ、ボンドへのオマージュか?と思う位、見事にキマってました♪

悲壮な決断をし、子供達と別れるシーンのクリーガン‥素敵(←壊れてます、ワタクシ)
ICレコーダーと戯れるトニーにも修復不可能なくらいヤラレちゃってるし‥
終わり、もうすぐだし、どうしたらよいのでしょうか、Ayanoさん!?(笑)

ayanoさま、こんにちは。再びお邪魔します。chikaさま、初めまして☆
昨日後編を観ました。壊れる寸前、いえ壊れてます、私。「ホーキンズを拳銃片手に追うクリーガン」に私もボンドの姿が見えました。クリーガンのイギリス紳士的スタイリッシュな雰囲気がまさにボンド・テイスト!ぜひとも候補に挙げて欲しいけれど、ネックはアメリカでの知名度ですかね…。既に名前が挙がっているコリン・ファレルよりもずーっとボンドらしい雰囲気がロブソンにはあると思うんです。んーで、ボンド・テイストたっぷりのロブソンのフォトサイトを見つけました。とりあえずここにアドレスを書きますが、諸々の不都合がありましたらayanoさま、このコメントを編集or削除お願いします。ロブソン、渋めでいい味出てますよー!
http://www.haute-lumiere.com/Robson%20Green/Robson.htm

「ロブソンをボンドに!」派の方が思いのほか多くて、かなり嬉しい私でございます♪
ロブソンのスーツ姿って素敵ですよね。とくに「クリーガン」では、全体的にブルートーンの映像に合わせてスーツ(シャツやネクタイ)もブルー系が多いですが、これがまた彼の瞳の色とバッチリ合ってて、とてもお似合いです。

chikaさん、私もお茶目なヒル先生にお会いできるのが今週までなんてつらいです〜(涙)
でも、再放送&続編放映はきっとあると思うので、それまでは頑張って一緒に寂しさを乗り越えましょうね!

ルーシーさん、アドレスありがとうございます。大感謝です!!
あまりにステキすぎて、一瞬気を失いそうになりました……

ルーシーさん、お仲間になれてウレシイです(笑)

Ayanoさんにはチャットでお話したかと思うのですが、前回の「クリーガン」の放送の時#7・#8を録画してて、それを今まで封印してました(どーしても#1から順番に観ていきたかったのでガマンしてました)
そして#6の放送まで見終わったので、いっきに最後まで観てしまったのです‥が‥‥
ダメです、こんな見方。。。
今、すごく後悔してます‥(大泣き)

ルーシーさん、pic見てきました、Ayanoさんに続き、犠牲者2人め‥。

chikaさま。
最後までごらんになったのですね。
なんでもこの先はものすごい展開になると聞いているので、かなりの覚悟を決めなきゃならないかなと思ってます(泣)。
「Wire…」はオチャメなヒル先生にだけ注目していたのでわりと安心して観てましたが、クリーガンはストーリー自体に入り込んじゃうため、先を思うとかなりコワイ……ううっ

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91761/3398783

Listed below are links to weblogs that reference ひとりぼっちのクリーガン:

« トニー・myラブ | Main | 春からのBSドラマ »

参加してます

Twitterはこちら

コミュニティ

メールはこちら