« ICレコーダー……は置いといて、チャングムとマッカラムを | Main | トニー・myラブ »

機械の脅威 昨夜のフィッツより

「しばらくはジョン・ハナーとの付き合いが続いて嬉しい」
 などと言っておきながら、昨夜は「リーバス警部」途中で陥落。始まってから20分くらいでウトウトし始め、気付いた時にはかなり話が進んでしまっていたので、潔く諦めてそのまま寝た。
 今日は今日で夕方5時から「第一容疑者」7話の再放送があると思い込んで、犬の散歩やら何やら用事を早目に済ませたのに、お茶(もちろんミルクティーです)をいれて「さあ始まるぞ!」と座った途端「マクベス巡査」が始まって気が抜けた。正しくは日曜の夕方5時だったのね。
 とまあ、こんなわけなので、今日は昨夜の「フィッツ」のことしか書けない。
 ……えっ、ヒル先生?
 ふふふ、待っててね。明日たっぷり書くからね♪

 てなわけでフィッツ。
 前回のビルボロー警部刺殺シーンはかなりショッキングだったけど、みんなちょっとだけ立ち直ってる(というか落ち着いた)様子。ジェニーさん(ペンハリガン)の髪は相変わらず可愛い♪
 フィッツの主人公とは思えない態度の悪さは今に始まったことじゃないが、今回はかなり問題あり。なんせ看板を引っこ抜いて、それを奥さんが運転する車めがけて槍投げのように思いっきり投げ付けてんだもん! 後ろの窓に命中して、ガラスにグサッと突っ込んでた。おいおい、万が一奥さんに突き刺さったらどうするつもりだったんだよ。いくら何でもやりすぎ。でも本人は「あっ、やばい」みたいな顔してたから、きっと命中するとは思わずに投げたんだろう。でも危ないよ〜!
 それはさておき、今回話の冒頭にゴミの破砕機が出てきたんだよね〜。それを見た時点で、私の頭は「ああ、きっとこれで人間も破砕されるに違いない」という不安でいっぱい。……そしてやっぱり。教え子の女子高生を妊娠させた先生とその奥さん&友人が、その女子高生に薬を飲ませて箱の中に閉じ込め、処理施設に持っていくのだ。請け負ったのは従業員の男の子。でも、箱の中身を見たいという好奇心にかられた彼のおかげで、女子高生は一応助かった……ほっ。
 ああ、よかった。あのまま砕かれたりしてたら絶対眠れなかったよ〜。
 私って人間同士の暴力シーンは全然平気なくせに、機械に巻き込まれるシーンってマジで駄目。「インディ・ジョーンズ」でも、最後に悪ボスが岩を破砕する機械に巻き込まれて死んだじゃん。それとか、あと「ロボコップ」の第1号機が記者発表の場で突然暴走して撃ちまくったというような、コンピューター暴走シーンも駄目。たぶん人間同士の暴力よりも現実味があるせいだと思う。実際の生活においては、人に殴られてケガをすることよりも道具を使っててケガをすることの方がずっと多いじゃない。
 私のようなおっちょこちょいにとっては、何かがあっても臨機応変にフォローをしてくれる人間より、プログラム通りにきちんと動き続ける機械の方が脅威なのだ。
 もちろん、そのプログラムをしているのは人間自身なわけなんだけどー……

« ICレコーダー……は置いといて、チャングムとマッカラムを | Main | トニー・myラブ »

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91761/3361437

Listed below are links to weblogs that reference 機械の脅威 昨夜のフィッツより:

« ICレコーダー……は置いといて、チャングムとマッカラムを | Main | トニー・myラブ »

参加してます

コミュニティ

メールはこちら


無料ブログはココログ